2013年09月16日

第22回越前・日本海ハイ!ウォークツー(1日目・2日目)

イヤー今回のウォーキング、
正吉が軽い熱中症にかかるなど、
過酷な条件下で大変な目に遭いました…・・・・・。
 
1日目 9月14日(土)
 
正吉・桜は予定通り30qコースに参加。
 
コースの概要は以下の通り。
三国運動公園→バス移動→吉崎御坊跡→北潟湖畔公園→北潟展望台→
浜地海水浴場→雄島→東尋坊→三国湊町家館→エッセル坂→みくに龍翔館
→三国運動公園

 nh1.jpg
 
nh2.jpg

スタート後約10q付近まではほぼ快調に歩いた。
ところがその後正吉に異変が訪れる。 

nh4.jpg

気温上昇に伴い、
シューズ内で大量の発汗があり、靴下が湿る。
それにより両足に大きなマメが出来てしまった。
気温は30℃を超えている模様。
日影が殆どなく、容赦なく太陽が降り注ぐ。

 nh5.jpg

日本海沿岸を歩く延々と続く道では、
足の痛みに耐えながらの歩行となる。
浜地海水浴場にたどり着き、休憩をとる。
シューズ・靴下を脱ぎ、30分以上休む。
 
再び歩き始めたが、ここから雄島を経由し東尋坊に至る道は、
アップダウンの連続だ。
遊歩道を歩くうち、今年7月に経験した熱中症と同様の症状に陥る。
正吉は歩を進めることが出来なくなり、
遊歩道傍らの石に腰を下ろす。
桜に先を行くようにと告げ、30分近くその場で休む。
汗が全身から吹き出してくる。
目が回る…。
リタイヤするか、大会本部に連絡し援助を求めるか・・・・・等の考えがよぎる。
 
nh6.jpg

 nh7.jpg

水分を補給し、休むうちに次第に回復。
再び歩き始める。
足の痛みと、全身倦怠感に堪えながら何とか三国の市街地に入る。
ゴールまで約4q地点で道端に座って休む。
丁度そこへ埼玉県から参加されたKさんが帰った来られた。
 
Kさんを呼び止め、一緒に歩いて頂くことにする。
Kさんとは各地の大会で何度も行き交ってきた。
「歩きたくなる道 500選」を完歩された強者だ。
二人で歩くことにより、何とかゴールインすることが出来た。
吉崎御坊をスタートしてから約7時間かかってのゴールインだった。
 
両脚のマメは、縦横4cm以上になっていたし、
股ズレまでおきていた・・・・・・・。
「ハイ!ウォークツー」ではなく、
ハイ!ウォー苦痛」といった方がピッタリだと感じた。
 
歩きながら写真を撮るのが通例だが、
この日はとても写真を撮る余裕が無かった。
桜は、正吉より1時間以上早くゴールインした模様。
 
正吉は愛車を運転する気力・体力を喪失。
帰路の運転は櫻に任せ、後部座席で休んだ。
 
 
9月15日(日) 2日目 朝から激しい雨模様
 
30qコースは山岳地を歩くために中止になる。
桜は16qコースに参加。
正吉は、脚のマメにテーピングを施して7qコースに参加。
 
7qコースの概要は、
松岡河川公園→鳴鹿大堰→福井県総合グリーセンター→松岡河川公園

 nh9.jpg

7qコースは全行程を団体歩行した。
約2時間かけてゆっくりと歩いた。
nh10.jpg

 nh11.jpg

桜は永平寺までバス移動し、越坂峠・鳴鹿大堰を経由しゴールインした。
 
二日間の大会参加で、
東海北陸マーチングリーグのスタンプを1個ゲットした次第。